2012年06月30日

ロマンシングサガ3 レトロゲーム

romasagasurii.jpg

ロマンシングサガ3
は1995年11月11日にスーパーファミコン用に発売されたRPG。
サガシリーズの第6作目であり、ロマンシングサガの最終作品。
1や2とは別に世界であり、世界観は中世よりではあるが、少し雰囲気が異なる。
音楽はもちろんイトケンこと伊藤賢治氏で、戦闘曲がかなり多くなった。


スーパーファミコン後期に発売されたために、グラフィックが芸術的に美しい。
1と比べてみると格段に向上しており、特にモンスターがインパクトの強いものになっている。
ロマンシングサガ3はスーパーファミコンのRPGで、最も綺麗なグラフィックではないだろうか。
ドットの1つの頂点に、到達したといってもいい。


ロマンシングサガ3は1と2の良いところを、うまく足したような作りになっている。
1が主人公が8人だったが、ロマンシングサガ3も同じ8人である。
そして成長システムは2と同じく、閃きシステムが採用されている。
自由度については2より自由なのだが、1よりは少し自由度が低いというところ。
最初のオープニングだけは固定だが、あとで自由になってくる。
難易度についてはロマンシングサガ3が、シリーズで最も簡単である。
ここは賛否両論であり、簡単すぎて物足りないという声もある。(普通のRPGよりは難しいが)
逆に初心者に最もやりやすいのが、ロマンシングサガ3の良い点ともいえる。


オープニングでは主人公が全員揃っており、共通のシナリオがある。
ユリアンは正義感が強く熱血な男。バランスが良くロマンシングサガ3の代表的なキャラ。
エレンは気の強いタイプの女。見た目に反して、斧が得意で腕力が強い。
トーマスは商人の男。彼を主人公にするとトレードというミニゲームができる。
サラはエレンの妹。ロマンシングサガ3で重要なキャラで、最初は選ばないほうがいい。
ミカエルは若き美形の王様。マスコンバットという戦争のゲームができる。
モニカはミカエルの妹。剣が得意なキャラで、性格はおとなしいが行動力がある。
ハリードは流浪の剣士。トルネードという異名をもつ凄腕の剣士で、主人公でも特に強い。
カタリナはモニカの侍女。素早さが高い剣士でミカエルに恋している。


ロマンシングサガ3は、仲間キャラの個性が特に強い。
人間の仲間から人外の仲間まで幅広く存在する。
パーティメンバーは5人、今回もフォーメーションができる。
2では術を使いこなすことが必須だったが、ロマンシングサガ3でもそこまで重要でもない。
最低限、回復の術さえ使えればなんとかなる。


1でサルーイン四天王、2で七英雄、そしてロマンシングサガ3は四魔貴族というのが登場する。
魔戦士公アラケス・魔龍公ビューネイ・魔炎長アウナス・魔海侯フォルネウス。
四魔貴族は七英雄よりはまだ弱いのだが、四天王よりは強いといったところ。
魔戦士公アラケスは血を流させるのが好きな残虐な性格。
魔龍公ビューネイは四魔貴族の紅一点。人間を見下している傲慢な性格。
魔炎長アウナスは炎属性の男。青年と老人の両方の性質がある。
魔海侯フォルネウスは四魔貴族のリーダー。正体は美形の少年である。


ロマンシングサガ3を象徴する敵で、全員が強敵である。
グゥエインという竜族がいるのだが、人間と敵対している。
しかし空を支配している魔龍公ビューネイを倒すために、主人公とは共闘することができる。
シリーズ全体にいえることだが、ロマンシングサガ3もこのような熱いイベントが多い。
このグゥエインに乗った主人公と魔龍公ビューネイの空中戦は、屈指の名勝負である。
ロマンシングサガ3を象徴すると言われてるほどの超有名なシーンである。


BGMについても、ロマンシングサガ3は特にすばらしい。
1と2に比べると戦闘曲が増えたため、良曲が多くなった
特に四魔貴族の戦闘曲は、スーパーファミコンの中でも屈指の名曲である。
四魔貴族とはゲーム中で2回戦うのだが、1回目と2回目で戦闘曲が変わる。
どちらの戦闘曲のほうが良いか、悩みどころである。


ロマンシングサガ3はシリーズ集大成ともいうべきゲームであった。
しかし1や2にあった荒削り的な部分が、少し無くなってしまった感もある。
良い意味でも悪い意味でも、完成されすぎてるゲームともいえる。
ザコ敵にいきなり瞬殺されてしまうような、無茶苦茶な展開が今回は無しである。
まさにロマンシングサガ3は、サガシリーズの優等生的な名作といったところだろうか。
今回でロマンシングサガシリーズは終了。7作目からはサガフロンティアとして生まれ変わる。
こちらも名作なのだが、サガシリーズのレビューは今回で終わりです。
今からサガシリーズをやってみたい人には、このロマンシングサガ3が特にオススメである。








ロマンシングサガの集大成。
シリーズの優等生。



ロマンシング サ・ガ3 オリジナル・サウンド・ヴァージョン

posted by jin at 23:35| サガシリーズ | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

聖剣伝説3 レトロゲーム

seikennsurii.jpg

聖剣伝説3
は1995年9月30日にスーパーファミコン用に発売されたアクションRPG。
聖剣伝説シリーズの第3作目にあたる。今作はナンバリングの聖剣シリーズ最終作である。
・・・・・・4は存在していない・・・・・・・・・・たぶん
前作の聖剣伝説2とよく似てる世界観だが、グラフィックは少し上がってる。
また2で多かったバグだが、今作の聖剣伝説3ではほとんど無くなっている。


1995年はスーパーファミコンのRPGが特に多かった時代。
名作シュミレーションRPGのタクティクスオウガとは、発売日が近かった。
他にもアクションRPGでは天地創造・イースⅤなど名作が多い激戦区だった。
そんな中で発売された聖剣伝説3は、前作の2ほどは売上が落ちてしまったが、
それでもこの激戦区の中では、充分すぎるほどヒットをしたといえるだろう。


1や2は主人公は1人だったが、今回の聖剣伝説3では主人公が6人である。
デュラン・リース・ケヴィン・アンジェラ・シャルロット・ホークアイ。
冒頭で主人公を1人選ぶことができ、仲間も2人自由に選ぶことができる。
このように聖剣伝説3では1や2に比べると、格段に自由度があがっている。
他にもクラスチェンジというものがあり、クラスによって能力値の上がり方が違う。
覚える魔法なども様々あるため、クラスチェンジは聖剣伝説3の醍醐味といえる。


デュランは王国の剣士で気性が少し荒く、攻撃が強い。
リースはアマゾネスの王女、バランスの良い剣士で聖剣伝説3では特に人気がある。
ケヴィンは獣人の王子で、夜になるとかなり強くなる。攻撃が強くすばやい。
アンジェラは魔法使いの王女、攻撃はかなり弱いが魔法が強い。
シャルロットはエルフの少女、攻撃は弱いが回復魔法が便利で聖剣伝説3でも特に便利なキャラ。
ホークアイはキザでユーモアな性格の盗賊、男の中では最も攻撃力が弱いがすばやい。


聖剣伝説3はこのように主人公がたくさんいるが、ラスボスも3体いる。
主人公によってストーリーやラスボスが変化するのが特徴。
敵の組織もなんと3つも存在しており、それぞれの組織が争っている状態である。
どの組織もマナの力を狙っており、闇の勢力の争いに主人公たちが立ち向かう。
最終的にどの組織と戦うのかは、主人公によって決まる。


ストーリーの中盤から神獣という敵が8体登場する。
聖剣伝説3でもスクウェアお得意の、後半から自由度があがるという手法である。
火のザンビエ・水のフィーグムンド・土のランドアンバー・風のダンガード
光のライトゲイザー・月のドラン・木のミスポルム・闇のゼーブルファー
どれもこれも非常に強敵なのでしっかり鍛えて、装備を整えないといけない。
聖剣伝説3でも屈指の難関であるといえる。


2のグラフィックも非常に綺麗だったが、聖剣伝説3ではさらに綺麗になっている。
キャラも全体的にかなり大きくなった。スーパーファミコンでも最高峰のものである。
さらに2ではバグが多かったが、聖剣伝説3ではほとんどバグがなくなった。
そのかわりだが魔法や必殺技が回避できなくなってしまったため、アクション性が減った。
BGMも2と同じく菊田裕樹氏が担当しているため、クオリティの高いBGMとなっている。


RPGの初心者でも楽しく遊びやすいゲームでである。
スーパーファミコン時代はファイナルファンタジー・ロマンシングサガ・聖剣伝説。
聖剣伝説はどちらかといえば、初心者や子供でも楽しく遊べるシリーズといったところ。
この3本柱を中心にスクウェア快進撃が続いたが、聖剣伝説は3以降からしばらく出なかった。
聖剣伝説3でシリーズの1つの時代が終了して、4年後にプレイステーションで外伝が発売される。
これにて聖剣伝説シリーズのレビューは終わりです。今でも1・2・3は全てが好きです。
聖剣伝説3と前作の2は、スーパーファミコンの名作アクションRPGの代表的な存在。
アクションRPG好きならぜひプレイしてほしい。感動と安らぎを味わえるだろう。







6人のマナの勇者達の冒険。
聖剣の1つの伝説が幕を閉じる。



聖剣伝説3 オリジナル・サウンド・ヴァージョン

posted by jin at 14:14| 聖剣伝説 | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

クロノトリガー レトロゲーム

kurotori.jpg

クロノトリガー
は1995年3月11日にスーパーファミコン用に発売されたRPG。
スクウェアから発売されたゲームでも、特にスタッフが豪華でドリームプロジェクトとよばれた。
ファイナルファンタジーの坂口博信氏、ドラゴンクエストの堀井雄二氏
そしてドラゴンボールとドラゴンクエストの鳥山明先生。
この3人を中心に作られた夢のようなゲームである。


プロレスだとジャイアント馬場とアントニオ猪木、音楽だとビートルズとローリングストーンズ。
そしてドラゴンクエストとファイナルファンタジーも、スーファミ時代には双璧となっていた。
RPGの二大巨頭といった感じだが、両方のゲームが好きな人は誰もが一度は妄想しただろう。
ドラゴンクエストとファイナルファンタジーを合体させたらどうなるのか?
クロノトリガーはその答えの1つだと言えるだろう。
スクウェアとエニックスは後に合併することになるが、合併する18年前に作られたゲーム。
(もっとも堀井雄二氏は本格的に深くは関わってなかったため、完全な答えとも言い難い)


当時のスクウェアが総力をあげて作った夢のゲーム、クロノトリガーだが、
どちらかといえばファイナルファンタジーの要素が強い(開発会社もスクウェア)
戦闘システムもATBを採用されており、アイテムや魔法もポーションやケアルが登場する。
ただしモンスターはクロノトリガーのオリジナルとなっており、鳥山明先生の個性が強い。
パーティメンバーは7人で、戦闘に参加できるのは3人。
その7人のうち隠しキャラが1人いるのだが、かなり意外なキャラである。
当初は敵キャラなのだが、ある理由のため共闘することになる。べジータみたいなポジション。


クロノトリガーの仲間はみんな個性的であり、他のRPGとは一線を画す。
主人公のクロノ・マール・ルッカ・カエル・ロボ・エイラ。
クロノはドラゴンクエストの主人公のように、セリフが全く無いRPGの王道主人公。
マールはガルディア王国の王女で、本名はマールディア。
ルッカはメカに詳しい少女で、ドクタースランプのアラレちゃんにそっくり(笑)
カエルは中世時代の騎士であり勇者的な存在、なのだがその名の通りカエルの姿をしている。
ロボは未来に作られたロボットで、本名はプロメテス。
エイラは原始時代の少女で、素手で戦えるほどの怪力。
みんなクロノトリガーの人気を支えている仲間達である。


RPGは中世時代を中心とした世界観が特に多いが、クロノトリガーは様々な時代が登場する。
クロノやルッカが生活している現代をはじめ中世・未来・原始・古代など。
クロノトリガーはこれらの時代にタイムワープして、冒険をすることになる。
名作映画のバック・トゥ・ザ・フューチャーのような感じである。
そのため他のRPGにありがちな、途中で飽きることがないというのが特徴である。
様々な時代を冒険することの楽しさが味わえる。


このクロノトリガーは物語の途中で、ラスボスである怪物ラヴォスと戦うことができる。
ラヴォスを倒すタイミングによって、エンディングが変わるのが特徴。
もちろん初回プレイでは途中で戦ってもレベルが低いため、すぐにやられてしまう。
しかし一度クリアすると、強くてニューゲームというものが追加される。
これはその名の通りクリアした時のレベルで、ニューゲームができるというものである。
この強くてニューゲームは後のゲームでも影響を与えており、多く採用されることになる。
(厳密にはクロノトリガーが元祖というわけでもない、強くてニューゲームという名前が初出)
そのため途中でもラヴォスが倒せるため、様々なエンディングを見るやり込みプレイができる。


クロノトリガーは後半が自由になる。これはスーファミ時代のスクウェア作品のお約束であり、
ファイナルファンタジーⅥやライブアライブも同様である。
ハルバートという空の乗り物を手に入れることができ、自由に時代を超えれるようになる。
クロノトリガーも様々な時代にいき、アイテムやボスを倒してイベントをこなしていくことができる。


ロマンシングサガ2やファイナルファンタジーⅥも、グラフィックが美しかったが、
このクロノトリガーも負けず劣らずの、美しいグラフィックである。
鳥山明先生の世界を完全に再現しており、恐竜やメカなどの絵が特に上手い。
クロノトリガーは現在の視点で考えても、色あせることのないドットの美しさがある。
近年になってニンテンドーDSに移植されたが、違和感や古臭さを全く感じなかった。


時空を超える冒険と、少し不思議な雰囲気を感じるクロノトリガーは大ヒットとなった。
完全新作のRPGでありながら、200万本も売れた怪物ソフトである(値段は11,400円)
ドラゴンクエストやファイナルファンタジーでも、初代はここまで売れてなかった。
わかってもらえただろうか?いかにクロノトリガーが期待されていたのかを。
これほどワクワクしながら、発売を待っていたゲームも珍しい。
そして期待通りの面白さを感じさせてくれた名作であった。
スーパーファミコンのRPGを語る上で、この名作は欠かすことはできない。








時空を超えた夢のゲーム。
スクウェアの集大成。



アルティメット ヒッツ クロノ・トリガー

posted by jin at 19:05| クロノトリガー | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。