2012年08月10日

天地創造 レトロゲーム

tentisouzou.png

天地創造は1995年10月20日にスーパーファミコンで発売されたアクションRPG。
発売元はエニックスであり、開発はクインテット。
クインテットはかつて日本ファルコムで、イースⅠ・Ⅱを作ったスタッフが設立した会社。
ソウルブレイダー・ガイア幻想紀・天地創造の3作品を、クインテット3部作とよぶ。
共通点はスーパーファミコンのアクションRPGであること。
3作品とも違う世界の話だが、命をテーマにしており、独特のストーリーが評価されている。
天地創造はクインテット3部作の最終作である。


スーパーファミコン後期の95年に発売されたアクションRPG。
同じ年には聖剣伝説3やイースⅤが発売されている。
前のガイア幻想紀とイースⅣも発売日が近かったが、今回の天地創造とイースⅤも近い。
やはり日本ファルコムとクインテットは対立していたのだろうか?
今となってはもうわからないことなので、明確な証拠はないのだが・・・


個人的には天地創造は、クインテット3部作の中でも最高傑作だと思う。
ソウルブレイダーやガイア幻想紀も面白かったが、
天地創造は壮大なストーリーで、超大作のアクションRPGである。
アクションRPGとしてのバランスも非常に良くなっており、
クインテットは天地創造で1つの華を咲かせたといえる。


主人公はアークという悪ガキ。
クリスタルホルムという村に住んでいるイタズラ小僧。
武器は槍という珍しい設定だが、ガイア幻想紀の笛ほどではない(笑)
天地創造の序盤は地裏という世界が舞台で、説明するのが難しいが奇妙な世界である。
村もクリスタルホルムしかなくて、空も青空ではなく妙な色と形をしている。
ある出来事があり、アークは長老の命令で地裏とは違う世界の地表に行くことを命じられる。
幼馴染の少女エルと別れて、アークは地表を冒険することになる。


天地創造はアクションRPGには珍しく、ワールドマップが存在する。
このワールドマップの曲は、RPGのフィールドでも屈指の名曲であるのでぜひ聞いてほしい。
ワールドマップでは敵とはエンカウントせず、ダンジョンでのみ敵と戦うシステム。
天地創造の地表は現実世界の地球と酷似しており、ユーラシア大陸などが存在している。
実はこの地表を創造したのは、他でもないアークなのだが、
天地創造というタイトルの意味が、おぼろげながらわかってくる。
地表は生物も植物も全くいないため、アークが復活させていくことになる。
ここらへんの設定は、クインテット3部作のソウルブレイダーとよく似ている。


天地創造を進めていくと、最初は動物や植物から復活していく。
ソウルブレイダーもそうだったが、動物や植物とは会話することができる。
中盤以降になると人間が復活して、文明が発達していく。
しかし人間が復活してからは、動物と植物とは喋れなくなってしまうので悲しい。
天地創造では文明が発達することが、必ずしも正しいことだとは描かれていない。
文明レベルが上がって、近代化していくことで誰もが幸せになるとは限らない。
クインテットは破壊と創造をテーマにしているが、考えさせられる内容になっている。


天地創造はとても謎が多いストーリーなのだが、序盤ではさっぱりわからない。
終盤になると世界の謎や主人公アークの正体など、明らかになっていく。
天地創造のラスボスもかなり意外な人物で、非常に驚かされた。
ラスボスを倒した後は達成感と喪失感が入り混じった感覚になる。
個人的に天地創造のエンディングは、今までやったゲームで最高だと思う。
本当に残念ながらクインテット3部作は、あまり売上はそれほどでもなく知名度も高くない。
しかしクインテット独特の世界観や感動は、他のゲームでは味わえない。
まだプレイしたことない人は、ぜひクインテット3部作を全てやってほしい。
きっと想像以上の感動が待っているだろう。







アクションRPGの最高峰
隠れた超大作。


天地創造
posted by jin at 23:29| クインテット作品 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。