2012年08月22日

イースⅤ失われた砂の都ケフィン レトロゲーム

ys5ekisupaato.gif

イースⅤは1995年12月29日にスーパーファミコン用に発売されたアクションRPG。
日本ファルコムから発売されたゲームであり、正式名称は失われた砂の都ケフィン。
それまでスーパーファミコンのイースはトンキンハウスから出してたが、
日本ファルコムから出したのは、本作のイースⅤが初である。
そのため「最初で最後のイース」というキャッチコピーがついている。
あまりにも簡単だったため、後に難易度を上げたイースⅤエキスパートが発売された。
Ⅴはアドルの冒険日誌では「砂の都ケフィン」というタイトル。


日本ファルコムといえばPCゲームを中心に開発してきた。
前作のⅣはPCエンジンとスーパーファミコンで出たが、日本ファルコムからは出なかった。
そしてイースⅤがついにスーパーファミコンから発売したのだが、売上はよろしくなかった。
95年といえばスーパーファミコンで多くの名作が発売したが、
アクションRPGでも聖剣伝説3や天地創造といった名作が多く生まれた。
そんな激戦区の中でイースⅤは発売したため、苦しい結果となった。


そもそもこのシリーズは、もともとは80年代後半のPCゲームとして人気だったので、
スーパーファミコンのゲーマーにとっては、あまり馴染みの薄いシリーズだった。
イースシリーズはどちらかといえばPCエンジンのゲーマーに人気だったといえる。
90年代のアクションRPGといえば、聖剣伝説のほうが知名度は高くなっていた。
そんな中でイースⅤが発売されたが、残念ながらシリーズで最もマイナーな作品である。


他のシリーズと比べても、今作は相当な低難易度になっている。
スーパーファミコン時代のゲームの値段は、9800円が当たり前だった。
しかもイースⅤはなんと12800円。それなのに10時間以内で終わってしまうのは、
あまりにも歯応えが無いということで、批判的な意見が多かった。
イースⅤはシリーズでも最も批判の多い作品ではないだろうか。


まあ悪口ばっかり書いてしまったが、個人的にはそこまで嫌いではない。
イースⅤのシステムは剣で攻撃する、ジャンプできる、防御ができる。
アクション性が大幅に上がっており、このシステムはⅥ以降にも引き継がれる、
後のイースシリーズの基礎的なものを作った作品といえる。
Ⅰ・Ⅱ・Ⅳの見下ろし型の画面に、Ⅲの戦闘システム。
イースⅤは今までのシリーズの集大成といえるシステムかもしれない。
またグラフィックも今までのシリーズよりも格段にアップしている。


イースⅤでのアドルは20歳。今回は相棒のドギが全く登場しない初めての作品。
アフロカ大陸が舞台。交易都市サンドリアで依頼を受け、幻の都について調べる事となる。
今回は砂漠が中心の舞台で、ストーリーの評価は高い。
イースⅤのヒロインはニーナ。サンドリアの道具屋の娘。
5年前にフェルテ砂漠で倒れていたのを、スタンという男に助けられ引き取られた。
そのスタンは3年前に行方不明になっている。


イースⅤではもう1人の重要人物がストーカーである。名前が結構ヤバイ(笑)
大昔に人間を辞めた魔神で、彼とニーナが物語の中心人物といってもいい。
他にも盗賊イブール一家、いわゆるお邪魔虫のポジションでアドルの邪魔ばかりしてくる。
イブール一家の末娘テラは後のⅥにも登場しており、ストーリーが繋がっている。
Ⅵをプレイする前にイースⅤをやることを勧める。


シリーズでも最も不遇な扱いを受けていた今作。
これ以降しばらくイースシリーズは沈黙することになってしまうのだが、
2003年にⅥが発売されて、再びシリーズが復活することになった。
Ⅵは良作として評価が高かったが、これはイースⅤがあったおかげだと思う。
今作のシステムをさらに進化させた内容になっている。
イースⅤはいろいろ問題もあった作品だが、決して無駄ではなかった。
ここからⅥ・オリジン・Ⅶと新たなイースシリーズが展開することになる。
レトロゲームなのでシリーズのレビューは今回で終わりだが、
2000年代のシリーズも大好きである。これからもイースシリーズに期待したい。

 
 








新しいイースの始まり。
最初で最後のイース。


イースV ロスト ケフィン キングダム オブ サンド

posted by jin at 23:08| イース | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。