2012年07月16日

メタルマックス レトロゲーム

metalmaxnogazii.gif


メタルマックスは1991年5月24日にファミリーコンピューター用に発売されたRPG。
開発はデータイースト。キャッチコピーは「竜退治はもう飽きた!」
これはドラゴンクエストへのアンチテーゼだと思われる。
剣士や魔法使いなどは登場せず、戦車に乗って戦うという斬新なRPG
ヘラクレスの栄光シリーズと並んで、データイーストを代表するRPGである。
ここではメタルマックス1として紹介する。


メタルマックス1の世界観は、戦争で文明が崩壊した近未来。
砂漠だらけの世界で、ゴロツキや異常な進化をした生物が暴れまわる時代。
この時代はこういう荒廃する未来という設定の、漫画やゲームが多かったように思う。
こんな悲惨な時代だが、人々はたくましく生きていた。
メタルマックス1の主人公はモンスターハンターであり、(カプコンのゲームとは全く関係ない)
戦車に乗って賞金首を倒して、賞金を稼ぐのを生業としている。
この戦車に乗って戦うというのが、メタルマックス独特の要素である。


最初は主人公がハンターになりたいと言った時には、父親から反対されてしまう。
結局は勘当されて家から叩きだされてしまうことになるが、ここから冒険が始まる。
ただの人間なので最初はそれほど強くないが、いろいろあって戦車を手に入れる。
この戦車を手に入れてからが、メタルマックス1の本当の始まりと言ってもいい。
ここから数多くの強敵の賞金首を倒すのが目的である。
この賞金首との戦いのBGMは、「お尋ね者との戦い」というタイトル。
ファミコンのボスのBGMの中でも、屈指の名曲としてあまりにも有名。


メタルマックス1は当時としては自由度の高いRPGであった。
どこの町に行ってもいいし、賞金首もどの順番から倒しても問題ない。
ストーリーらしいものはなく、自由に世界を駆け巡るのがメタルマックス1の特徴である。
(ただし賞金首にもある程度のレベル差はあるので、完全に自由とも言えないが)
仲間が2人いるのだが、無視して1人で旅してもクリアできるようになっている。
そもそもラスボスを倒す必要もなく、実家に戻ってハンターを引退することを伝えれば、
その時点でエンディングが見れるのだ。しかしその場合は世界が崩壊した理由が不明のまま。
全ての賞金首を倒すのも良し、戦車をひたすら改造するのも良し。
自由に遊べるのがメタルマックス1の真髄である。


主人公はハンターであり、戦車に乗って戦うのが得意。
仲間のメカニックは、戦車を修理したりするのが得意だが、戦闘はあまり強くない。
もう1人の仲間のソルジャーは、戦車は苦手だが、肉弾戦は得意。
この3人がメタルマックス1のパーティであるが、1人でも進めることはできる。
他にもウルフという凄腕ハンターがおり、赤い戦車のレッドウルフに乗っている。
最強のハンターと言われており、主人公の行く先々で名前を聞くことになる。敵か味方か?
メタルマックス1では戦闘で死亡した時に、ドクターミンチという人物に生き返らせる。
マッドサイエンティストであり、死者を蘇生されるのが生き甲斐というワケのわからない人(笑)
メタルマックス1の他にも2や3にも登場する常連キャラ。


ファミコン後期に発売された本作だが、この時代ではかなり斬新なRPGだった。
ファンタジーの世界が普通のRPGでは、かなり異端だったと言える。
個人的にメタルマックス1のような、変わったゲームが大好きである。
スーパーファミコンにて続編の2も発売され好評だった。
またメタルマックス1もリメイクとして、メタルマックスリターンズがスーファミで発売される。


しかし非常に残念なことに、データイーストは倒産してしまった。そのため3は絶望的になった。
・・・かに思われたが、なんと2010年にメタルマックス3が発売されることになった。
機種はニンテンドーDSで会社は角川ワークス。2より実に17年後の発売であった。
ドット絵で復活したため、懐かしくも面白い出来になっている。
メタルマックス1はもちろん2も3も面白い。ぜひプレイしてほしい。




戦車で荒野を駆け抜けろ。
男の硬派なRPG。



メタルマックス必勝攻略法

タグ:ファミコン
posted by jin at 23:15| メタルマックス | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。